無料 レンタルサーバー

子供レポート 親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育―子どもの魂の、夢見るような深みから


親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育―子どもの魂の、夢見るような深みから
親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育―子どもの魂の、夢見るような深みから

ジャンル:
セールスランク:4592 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 1,680 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。


子育てを真剣に考える親たちならば、一度はシュタイナー教育という言葉に出くわしたことがあるだろう。顔のないウォルドルフ人形、にじみ絵などに怪しげな印象を受けた人もいるかもしれない。しかし、この本は子育てにかかわるすべての人への道しるべとしてとなる1冊だ。泣きやまない赤ちゃんをどうするか、だだをこねたときにはどう対応するかなど、子どもの成長に合わせた実践的なヒントに加え、シュタイナー教育ならではの遊びの紹介が盛りだくさん。著者、訳者共にシュタイナー教育の指導者の資格を持ち、子育ての経験者でもある。「知的な発達を偏重する文化の中で」子どもが持って生まれた「魂」の成長を大切にしようという作者の気持ちが端々にあふれている。巻末のQ&Aは、シュタイナー教育を育児に取り入れるかどうかで悩んでいる人たちにはおおいに参考となるだろう。この本の原題『You Are Your Child's 1st Teacher(あなたは、あなたの子どもの最初の先生なのです)』という言葉が印象深い。(齋藤聡海)



子供への最高のプレゼントは・・・

 誰にも未来は正確に予想など出来ないでしょうが、
生きて行くために必要とされるいくつかの能力の中で
今後も変わらず(もしかするとますます)必要と
されるもののは、「創造性」と「集中力」であること
には変わりないような気がしています。

 本書には、シュタイナー教育というものを通じて
どのように親が育児に関わるかを優しく丁寧な口調で
紹介されています。
・子供の成長段階に添った内容を順次紹介している。
・具体的な方法も分りやすく色々と紹介してある。
ために、初めての人にとってもシュタイナー教育と
いうものが特別なものではなく、何だか面白そうだし、
ちょっと参考にしてみようかなという気持ちを
持たせてくれます。

 シュタイナー教育の本もこれが初めてだし、
育児の本を沢山読んでいる訳ではありませんが、
育児をこれから始める親にとっては、基本的な
育児方針を作り上げる時にとても参考になる1冊
だと思います。

 親自身の成長、創造性、集中力、これらの
言葉に興味を持たれている方にはおすすめです。

 子供への最高のプレゼントは、
親自身の人間的な成長かもしれませんね。
ガチガチじゃないのョ。

シュタイナー関係を扱うお店で目にして、
なんとなく魅かれて買いました。(イラストもかわいいしネ。)

「なんちゃってシュタイナー」の私には、難しい翻訳本を読むのはなかなかの苦行です。
なので・・・シュタイナー系の本は、図書館で借りることが多いのです。
そんな私が買った数少ないシュタイナー系の本の一冊。

もちろん「シュタイナー」やってます!の人たちから見れば、
超入門篇なのですが・・・・
乳幼児期の母親にとって、頼もしい一冊になるのではないでしょうか。

作者自身の度量の広さなのか、説教っぽくない!
母親がしんどくなる事、時には間違った行動をすることも
自身の経験もふまえて受け止めている。
ガチガチじゃないのョ。

だから時々開いて読むことが多いのです。
だって現代におけるシュタイナー教育実践は難しいもん。ね?

お母さんの立場に立って。

子供って、本当はどういう存在なのだろう。なぜ子育てがしんどいと感じてしまうのか。著者の豊かな、子供へ、はぐくむ立場にある大人への暖かなまなざしと共にシュタイナー教育の本質的な事柄が、とてもわかりやすくしかしきっぱりと書かれていると思います。
魂のありかを教えてくれる子育て

いろんな子育て本が溢れていますが、他の本と一線異なり、この本だけが伝えてくれること。それは、魂の在りかの観点から、子供との出会いについて教えてくれる本だからです。シュタイナー教育というと、ちょっと難しい点がありますが、この本は魂のレヴェルでの視点を忘れず、子供を暖かく見守る視線を忘れないようにと気付かせてくれる本です。しつけの方法論よりももっと大切な心構えみたいなものを教えてくれる。私自身も、ちょっと母親業に疲れたときは、開いてしまう本でもあります。きっとそれは、子育てだけにとどまらず、人間としてうまれたからには魂のありかについて考えつづける事を忘れちゃいけないっていうことを教えてくれているからだと思うのです。
これを読んで、また子供を持ちたくなった!?

もともと、アメリカでシュタイナー教育関係の人の中でバイブル的な存在だったと聞いていたので、期待して読みましたが、まさしくそれを裏切らない本でした。

通常の育児書は、良い親(特に母親)としてこうあるべき、と言う書き方が多いような気がするのですが、これは、親に、肩肘張らないで楽しく育児できるよう、具体的に解決法を提案するというもので、アメリカ人らしいと言うことかもしれませんが、なによりも、著者自身の子育ての経験から来るものなので、本当に実感できるものでした。それに、通常の育児書では決して無い観点、まさに子供の魂の観点からの見方は、すでに三人の子育てをしている私にも、もう一度、お腹に来る前から準備して、じっくりと妊娠期から付き合ってみたいなーという気にさせてくれるほどでした。子どもの魂を感じながら、子どもが来る喜び、子どもと一緒に生きる喜びを味わい、子どもが育っていくことを手伝う毎日をしっかりと後押してくれる一冊だと思います。 もちろん、育児の理想と現実には大きなギャップがありますが、その理想とともに、現実的な解決法も提示してくれるQ&Aは、なかなかほかの本ではないものだと思います。育児をする中で一番大切なものはなにか、いつもそれを忘れずに、かつ現実と折り合いながら生きるのに、とても力になる本だと思います。



学陽書房
七歳までは夢の中―親だからできる幼児期のシュタイナー教育
あかんぼぐらし―宝のときを楽しむ
親子で楽しむ手づくりおもちゃ―シュタイナー幼稚園の教材集より
我が家のシュタイナー教育-幼児期編
シュタイナーの子育て 月刊クーヨン7月号増刊






赤ちゃんとママが安眠できる魔法の育児書 (カリスマ・シッターがあなたに贈る本)

お母さんをえらぶ赤ちゃん ~ママ、またボクを生んでくれる?~

ノンタン おしっこしーしー (赤ちゃん版ノンタン)

安斎流 赤ちゃんの名づけ (開運ブックス)

親だからできる赤ちゃんからのシュタイナー教育―子どもの魂の、夢見るような深みから

最新赤ちゃんの病気大百科 (ベネッセ・ムック たまひよブックス たまひよ大百科シリーズ)

’ゆるむ’育児のすすめ 出産~1歳・赤ちゃんも私もハッピーになる

ツキを呼ぶ「トイレ掃除」―宝くじ当選!理想の人と結婚!赤ちゃんができた! (マキノ出版ムック)

おなかの赤ちゃんとのおしゃべりBOOK

赤ちゃん学を知っていますか?―ここまできた新常識 (新潮文庫)



         
         
         
         

Copyright(C)子供レポート
無料 レンタルサーバー