無料 レンタルサーバー

Accessoriesタイムス エルメス (新潮新書)


エルメス (新潮新書)
エルメス (新潮新書)

ジャンル:
セールスランク:91048 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 714 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。


軽妙・平易なブランド論

デフレ社会と言われて久しい今日この頃、モノを作る会社は「いかにして売価を維持するか」に腐心していると思います(かくいう私もその一人です)。本書は「エルメス」という会社を例にして、エルメスが如何にして自社ブランドを維持する努力をしているかを、平易な表現におしゃれのエッセンスを加え(隠し味として辛みが少しはいってますが)限られたページ数の割りには良く纏めてあると思いました。製品も顧客層も全く異なるので、100%参考になるわけではありませんが、自社の製品価格を維持するためのヒントは読みとることができました。
この本を読んで、「ブランド」の見方が変わりました!

以前、この本の著者・戸矢理衣奈先生の講義を受けたのがきっかけで購入しました。エルメスは企業情報を一切非公開としているのにも関わらず、エルメスが馬具専門店だった時代から現代にかけて、非常に丹念に調べられていて、読み応えたっぷりです。

自国の文化だけに留まらず、他国の文化を商品のデザインに取り込んでいる事・エルメス商品では最も力を注いでいるスカーフの手作業による製作の過程など、エルメスの商品に対する情熱が書かれています。
エルメスの商品の魅力を最大限に惹き出している作品だと思います。
よく調べてる。

取材したものを盛り込むのに、話がウロウロしている点が気になる。
まとまりを欠くのに気づくのは、「こんなこと書いちゃっていいのかな〜」と言うような筆者の不安が伝わってくるからだが、これが読んでて辛い。

しかし、先行研究の無い分野で大健闘した一冊。
「ブランド帝国の素顔」と合わせて読むべし。
エルメス解説本。

エルメスと言うブランドについて、エルメスの歴史やエルメスが何をモットーとして製品を作りつづけているか、なぜこんなに日本で人気があるのかなどが、わかりやすくコンパクトにまとまった一冊。エルメス本社からは協力を得られなかったと言うものの、筆者自身が自分の意見や参考文献からの批判も引用し率直に述べているから、ただのエルメス礼賛本ではないし、客観的なイメージを持っている本だと思う。エルメスの魅力をスカーフやカバンの成り立ちなどから多角的に論じていて、ますます魅力が増しました。マーケティングと言う観点からも面白い。日本とエルメスの関連や、時流を見る目の確かさや常に革新をし続ける姿勢など、エルメス好きにとっては、エルメスをさらに深く知る、そして初心者にとっては、エルメスがどう言うブランドかを知るには、うってつけの本だと思います。エルメスのマークの意味だとか、知らない事が結構載っていたので、楽しめました。帯がエルメスの箱と同じ素材で作られてるのも、遊びゴコロがあって良いと思いました。
違う角度

エルメスがお好きな方は勿論、マーケティング戦略の角度から読んでも計算されたその手法に感心する部分が多い。エルメスに取材拒否された事が著者がためらうことなく自分の意見を述べるという良い方向に向かったように思う。そして私はこの本を読んで更にエルメスに惹かれるようになった。



新潮社
エルメスの道
カレ物語―エルメス・スカーフをとりまく人々 (中公文庫)
ブランド帝国LVMHを創った男 ベルナール・アルノー、語る
ファッション:ブランド・ビジネス (カルチャー・スタディーズ)
どうして売れる ルイ・ヴィトン






コーディネート刑事(DEKA)・押田比呂美のスタイリング更生塾

ファッションデザインテクニック―デサイン画の描き方

Pen (ペン) 2008年 3/1号 [雑誌]

eclat (エクラ) 2008年 06月号 [雑誌]

私を美しく変えるワードローブ整理術―着こなしがたちまち見ちがえる装いのルール

20世紀ファッションの文化史―時代をつくった10人

キャス・キッドソンへようこそ (e-MOOK)

エルメス (新潮新書)

モデル★美香の美人ガイド

ブランド帝国LVMHを創った男 ベルナール・アルノー、語る



         
         
         
         

Copyright(C)Accessoriesタイムス
無料 レンタルサーバー